宮崎大学地域資源創生学部生 企業学修     

2018年11月9日、宮崎大学地域学部の学生の企業学修がありました。
大学での事前学習を終えた6名の大学1年生のみなさんが来社。興電舎での受入れは今年で3回目です。

企業の事業活動内容や組織を理解し就職も含めて進路の視野を広げること、”人”は地域市資源の最も重要なもののひとつであり、「地域振興及び活性化は何のために行うのか」「働くとはどういうことか」などの意味を考えることを主な目的として企業学修は行われています。

当日は役員の皆さんと宮大OBの先輩による会社説明・工場見学を実施した後、『教えて社長』と題した座談会を開催しました。
会社説明・工場見学ではOBの分かりやすい説明に、学生は大きくうなづくなど関心をもって聞いている様子がうかがえました。
また、座談会で社長から働く上での考え方や姿勢について話があると、真剣にメモを取りながら話を聞いていた姿から、目的の一つである「働くとはどういうことか」の意味を考える良い機会になったものと思われます。
その後のOBの先輩達とのランチ会では、学生と先輩社員がざっくばらんに会話を楽しみ、和やかな雰囲気で企業学修が修了しました。
富山