第57回 延岡西日本マラソン 協賛




B-JET(バングラディシュICT人材育成プログラム
2019年1月からバングラディシュ出身の2名が入社しました。

B-JET Programは、JICAによる技術協力プロジェクトとしてBangladesh Computer Councilをカウンターパートに2017年に立ち上げられたものです。
3ヶ月のトレーニングプログラム修了後には、日本への就職、留学・インターンシッププログラムへの参加、バングラデシュ国内の日系企業への就職が想定されています。
宮崎では、宮崎市と宮崎大学が連携し、2018年4月に6名の留学生を受け入れ、その後宮崎市内のIT企業へ就職。
2018年10月からは11名が留学生として宮崎での生活を開始し、2019年1月から県内の企業の就職しました。




宮崎日日新聞掲載 2019年1月23日
 2019年1月23日の宮崎日日新聞「経営JIN」のコーナーで紹介されました。